グラスビーズの製造工程

グラスビーズの製造工程

グラスビーズはガラス原料の調合から始まり、多いものは30工程もの加工を経て多様な色彩と輝きが作り出されます。

ガラス原管の製造

原料調合
上質な硅石粉・ソーダ灰などのガラス原料と着色原料などを調合します。

溶融
ガラスの溶融炉で約20時間、1300℃余りに加熱して飴のようなガラスが出来上ります。

管引
溶けたガラスをとり出し製管用坩堝に移し、引き出すガラスの中央に空気を吹き込みながら管引機で引張り、ガラスは固まって細い管(原管)が出来上ります。

一次加工

切断
高速で回転する刃物によって原管を、ほぼビーズの大きさに切断します。

炭粉→元焼
約700℃の回転炉で加熱し、切断品の角を溶かして丸いビーズに成形します。

洗浄
汚れたビーズをきれいに洗います。

仕上げ
表面が磨りガラス状になっているビーズを電気炉で表面だけを溶かし、きれいな艶のあるビーズに仕上げます。

二次加工

繰り返し
二次加工は、着色/玉虫/メッキ/ラスター・オーロラなどの工程を一度、または数回繰り返すことにより、ビーズに多彩な美しさをもたせます。

商品出荷

世界のビーズファンへ
輸出は神戸埠頭から世界へ、
国内向けは主に東京・大阪の代理店を経て、全国の百貨店・小売店・手芸教室などに届けられます。

私たちが作ってます!

世界の国々にTOHOビーズの品質の良さをお届けしています。

ピックアップ

ショップ

  • ビーズのマーケット
  • ビーズステッチアクセ
  • ビーズ織り

東宝電視台

  • 東宝電視台

オススメサイト・コーナー

  • 内職募集
  • TOHOビーズカタログ請求
  • TakumiLHビーズ/
  • チェコメイト/
  • エアパール
  • Candy Garden
  • 3CutBeads
  • 桂由美
  • DeCoReについて
  • ザ・広島ブランド認定

FaceBook

Twitter

ページトップへ